中高年のための転職・再就職支援

良い人材なら何とかして採用したいと企業側は考えています。従って、いかにして自分の存在と価値を相手に伝えるかがポイントで、「雇われる意識」より「売り込む意識と行動」が大切なのです。

サイトトップ > ウィークポイントの克服

スポンサードリンク

中高年のための転職・再就職支援

ウィークポイントの克服


もし既に失業状態の人なら特に、できるだけ早く就職したいという願いから、たいていの場合、なし崩し的に就職活動に突入してしまっています。その結果は場当たり的な選択による就職活動になってしまい、結果としては就職決定まで長期化するうえ、条件も悪化しているように思います。


就職活動を開始してから結果が得るまでに1ヶ月以上かかる場合も多いのであせりは禁物です。そんな環境下であることを見越しておけば気持ちにも落ち着きが出てきます。 又、中高年者の場合、今までの長い実務経験があるので、自分のウィークポイントについても把握して洗い出しておかなければなりません。ウィークポイントを面接先に気がつかれないようにするためではありません。この際、ウィークポイントは克服するくらいの気持ちが必要です。


不思議な程、面接側はウィークポイントを突いてきます。退職理由や転職回数、失業期間が長い等、答え難いところを、あえて聴いてくるようにも思います。不採用が続いて、面接を受ける程自信が無くなっていき、採用側から見るとますます採用しにくいという悪循環を生みます。


大切なのは、ウィークポイントを上回るセールスポイントを準備することです。「不況だから失業してしまった」ではなく「不況だから、より役にたてる会社で発展に貢献したい」というような積極的な思考が重要です。


中高年のための転職・再就職支援

MENU



スポンサードリンク