中高年のための転職・再就職支援

良い人材なら何とかして採用したいと企業側は考えています。従って、いかにして自分の存在と価値を相手に伝えるかがポイントで、「雇われる意識」より「売り込む意識と行動」が大切なのです。

サイトトップ > 自分の価値を具体的にイメージする

スポンサードリンク

中高年のための転職・再就職支援

自分の価値を具体的にイメージする


中高年になってから転職、再就職する人々の事情は様々だと思います。自分の意思とは関係なく会社の倒産やリストラでフリーになってしまった人や、更なるステップアップを目指す人など立場も様々でしょう。


しかし、どんな人であっても新しい職場や職業を得るためには、雇用主に対して自分の価値をアピールしなければならない点に変わりはありません。


仮の例をあげてみますと、あなたが年収500万円を希望しているとすると、業種などにもよりますが、会社が年間500万円の給与を払うためには、おおよそ諸経費も含めて給与の1.5倍の約750万円が必要です。そして、年間約750万円の支出を賄うには、業種によりますが製品原価率30%だと、売り上げベースで最低でも年間約2500万円位は必要だと想定されます。これは月額に直すと200万円強です。(あくまで目安です)


このように、あなたが年収500万円を期待するなら、このように具体的な売上効果があることを会社側に納得してもらうことが不可欠なのです。営業職でしたら売上数字で示すことができるので分りやすい面もあるのですが、総務や経理等の間接部門や技術職等の直接売上効果が明確ではない職種では、それに相当する価値、または効果を認めてもらうために売り込み(プレゼンテーション)をしなければなりません。まず、これを念頭に置いて新しい職場を探していきましょう。


中高年のための転職・再就職支援

MENU



スポンサードリンク